吸光度値が標準曲線の範囲から外れているサンプル

正確な結果を得るには、これらのサン これらのサンプルについては、結果を分析する際に標準曲線から得られた濃度に希釈係数を乗算する必要があります。

変動係数を計算する

係数変動(CV)は、標準偏差μと平均μの比です。

変動係数の計算

変動係数(CV)は、標準偏差μと平均μの比です。

Cv=μ
μ

これは、平均に対する分散の割合として表され、結果の不整合および不正確さを示します。 分散が大きいほど、不整合とエラーが大きくなります。 いくつかのコンピュータプログラムは、ELISA結果からCV値を計算することができる。

高CVが原因で発生する可能性があります。

  • 不正確なピペッティング; ピペットの先端が使用の前にピペットに密封されることを保障して下さい従って液体の容積を訂正するために引く
  • ウェル間の試薬のはねかける
  • スクリーンのサンプルまたは試薬の菌類の汚染の細菌
  • 試薬間のクロス汚染
  • 版を渡る温度の変化;版が草案からの安定した温度の環境で孵化することを保障して下さい
  • 井戸のいくつかは乾燥する; プレートがインキュベーション段階で常に覆われていることを確認してください

スパイク回復

スパイク回復は、サンプル成分が抗体によ 例えば、組織培養上清に含まれる多くのタンパク質は、抗体結合を妨げ、シグナル対ノイズ比を増加させ、標的濃度を過小評価する可能性がある。

既知の濃度のタンパク質をサンプルマトリックスと標準希釈剤の両方にスパイクします。

既知の濃度のタンパク質をサンプルマトリックスと標準希釈剤の両方にスパイクします。 スパイクされた蛋白質は試金を使用して定量化され、サンプルマトリックスおよび標準的な希釈剤からの結果は比較されます。

結果が同一である場合、サンプル行列はアッセイ手順に有効であるとみなされます。

結果が同一である場合、サンプル行列はアッセイ手順に有効であると考えられます。 回収率が異なる場合、試料マトリックス中の成分は、分析物の検出を妨害している。

スパイク回復実験でサンプル行列が結果に影響を与えていることが示された場合はどうなりますか?

サンプルマトリックスで希釈した標準を使用して標準曲線を作成することをお勧めします。 サンプル行列からの結果に対する影響も標準に存在するため、標準曲線とサンプルの比較がより正確になります。 当社のELISAキットの多くには、この目的のための標準的な血清希釈剤が含まれています。別の解決策は、サンプル行列を変更することです。

例えば、きちんとした生物学的サンプルが使用されている場合は、これを標準希釈剤で希釈してみてください。 ただし、このオプションを使用すると、結果を分析するときに希釈係数が考慮され、濃度が標準曲線の線形セクション内にとどまることを確認する必

私達のELISAのキット、試薬および議定書の多くを見るか、または多くの蛋白質を同時に測定するのに使用することができるcytokineの配列ab133997のような私達P>

ELISAガイド

>>次のページ:ELISAトラブルシューティングのヒント

<<<<<前のページ:ELISA分析

完全なガイドをダウンロード

/p>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。