2019は、バンドとしての全国の二十年をマークします。

その事実を祝うために(そして17日にリリースされた彼らの新しいアルバム”I Am Easy to Find”と同様に)、Matt Berninger率いるバンドのベストトラックのリストをまとめた。

このプレイリストは、彼らのバックカタログに慣れていない人に最適な初心者のガイド、または彼らが本当にすでに開始されたバンドにどれだけ良

1)’Abel’

彼らのサードアルバム’Alligator’から取られた–本当に国際的にそれらを破るものだった–それは見事にデスナー兄弟のギター演奏のスキルを紹介するロッ

*

2)’mr.November’

また、’Alligator’から、このトラックは正当な理由のためのライブのお気に入りのまま;それは最初のノートからクライマックスの最後のものまで

*

3)”Fake Empire”

彼らの四枚目のアルバム”Boxer”は、世界で最高のインディーズロックバンドのための深刻な候補として全国を確立したレコードであり、このような曲も害を及ぼさなかった。 その厳粛なピアノ主導のオープニングは、幻滅と無関心についての歌詞の上に歪んだワルツのようなものにつながるように、それはそこに他のバンド

*

4)’Missed for Strangers’

また、マット-バーニンガーの兄弟トムによって作られたバンドについての(必見)ドキュメンタリーのタイトルでもあります。

*

5)’Bloodbuzz Ohio’

スコット-デヴェンドルフが今の音楽で最高のドラマーの一人であることを疑う人は、この曲に向かってそれらを指します。 キットの背後にあるDevendorfの仕事は、全国の音楽の多くを知らせますが、このトラック–私たちの個人的なお気に入り–ビルド方法は素晴らしいです。 バーニンガーの深いcroonは、どちらか、より良い聞こえたことはありません。

*

6)’Terrible Love’

‘Bloodbuzz Ohio’のように、この曲は彼らの第五の(そして間違いなく彼らの最高の)アルバム、’High Violet’から取られました。 それは多くのテレビ広告で使用されているので、おそらく非ファンに最も認識可能な国の歌ですが、アルバムの文脈の中に置かれ、それは新しい命を

*

7)’Lemonworld’

‘High Violet’から取られた別のトラック、’Lemonworld’は国民に別の、より柔らかい側面を示す;彼らはスタッカートのドラムおよびvirtuosicギターについて常に この曲の気絶を誘発するメロディーは、バーニンガーの憂鬱な声と歌詞と相まって、実に美しいです。

*

8)”I Should Live in Salt”

アルバム#6のオープニングトラック”Trouble Will Find Me”は、アルバムの大きな曲を支持して見落とされることが多いが、”I Should Live in Salt”の壮大な威厳は、このリストのデッド証明書となっている。

*

9)’I Need My Girl’

また、’Trouble Will Find Me’から取られたこのストリップバック、美しく控えめなトラックは、ソニックスと感情の両方になると、なぜナショナルがオールラウンダーであるのかを完全に示しています。

*

10)’Pink Rabbit’

表面上は、これは指をクリックして、ゆったりとした番号ですが、少し深く掘ると、この曲は間違いなくmatt Berningerの最高の曲の一つです。 時々、歌が約あるもの丁度知る必要はない;あなた自身のための感じそして気分を推測できる。 国民は常に上に行くにはちょうど十分な彼らのリスナーを与えることでマスターされており、リスナーが残りの色にできるようにしながら、”ピンクのウサギ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。