びまん性冠動脈疾患の患者は、通常、経皮的または外科的介入の候補ではないと判断される。 このビデオでは、著者らは、閉鎖牽引技術(牽引-CEA)を使用して重度の冠動脈疾患を有する患者における三重冠動脈内膜切除術(CEA)を提示する。

患者の人口統計

68歳の男性は、運動時に安定狭心症および呼吸困難を呈した。 既往歴は動脈性高血圧と高脂血症であった。 冠動脈疾患では喫煙,糖尿病,家族歴陽性は報告されなかった。 心臓コンピュータ断層撮影(CT)は450(AU)のAgatstonスコアを示し、その後の冠動脈造影は、びまん性三血管冠動脈疾患を示した。 患者はCCSクラスIIで提示され、44の構文スコアを有していた。

手術コース

冠動脈バイパス標的血管は、右冠動脈(RCA)、左前下行動脈(LAD)、および鈍角辺縁動脈(OM2)であった。 3つの船はすべて完全に閉塞されていた(<1.25mm)。 牽引-CEAは、完全な心筋血管再建を達成するためにRCA、LAD、およびOM2に行われました。 早期の障害を避けるために,cea後の残留破片を取り除くために,心麻ひによる冠状血管のフラッシングと近位/遠位血管マッサージを行った。 術中通過時間流量測定では,高流量と低拍動指数(P I)が報告された。

結果

術後経過は良好であった。 コントロールC t血管造影では,特許バイパス移植と適切な末梢ランオフを示した。 患者は八日後に退院した。 著者らの方針によると、患者は半年間二重抗血小板療法を受けた。 十二ヶ月のフォローアップ電話は、完全なリハビリを確認しました。

結論

びまん性冠動脈疾患を有する患者は、外科的血管再生のリスクが高い候補である。 CEAはそのような患者のためのよい選択を提供するが、作動の外科医の十分な経験を要求する。 牽引-CEAは,開放動脈内切除術と比較して著者らの好ましい方法である。 二重抗血小板療法は動脈内切除血管の長期開存性を達成するために支持的であると思われる。 したがって、満足のいく長期予後を有する完全な血管再生を達成することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。