個人的な礼拝

礼拝の第三のタイプは、個々のレベルでのことです。 個人の礼拝は、公共のイベントや儀式に集中することができますが、ほとんどの宗教コミュニティでは、個人の祈り、祈り、宗教的練習のための十分な場 礼拝の企業の行為では、固定された祈り、自白、儀式の行為、行列、および礼拝の指導者の行為への共感による参加は、すべて個人の礼拝を豊かにします。 一部の人は、仲間の崇拝者の会社で礼拝するのが最善であり、孤独や家族のサークルで行われた献身の行為にはほとんど意味がありません。 いくつかの個人は、特別な時間と場所、特別なルーブリックと儀式、そして聖なるものの出現のための適切に囲まれた額装された設定が彼らの崇拝に必 他の個人は事実であると反対を見つける; 彼らのために、礼拝のための公共と固定された機会は意味と親密さを欠いており、したがって、彼らは自分の祈りをフレーム化し、自分の祈りに従事し、自分自身だけに聖なる存在の出現を予測する必要があります。 ほとんどの宗教コミュニティでは、ほとんどの人にとって、公的礼拝と私的礼拝の組み合わせが望ましいようです。 礼拝の公共の行為では、宗教的伝統の範囲と深さが表現され、肯定されます。 特に、伝統的な宗教の侵食が大きく起こっている現代の西洋の世界では、個人は公共の礼拝のためにコミュニティのメンバーを集めることによって崇拝の行為を支援されています。 彼らは、個々の信者自身が真に自分の信仰として肯定することがますます困難になる信仰を一緒に肯定します。

個人的な礼拝は、公的または私的にかかわらず、しばしば神聖または聖なるものに崇拝者の注意を集中させる学問と技術の遵守によって助けら 沈黙、祈りの読書、セットの祈り、ロザリオ(ローマ-カトリックの祈りの援助として使用されるビーズ)、身体の姿勢と態度、音楽、東のキリスト教の教会のアイコン(イメージ)を含む芸術作品は、すべて崇拝者が聖なる力の不安を集中させ、聖なる存在の感覚を強めるのを助けるのに役立つ。 礼拝の行為は、神の瞑想が起こるかもしれないように、個人の通常の懸念や活動を一時的に残すことを目的とするかもしれません。 それは、その時のために、今後数日間の崇拝者の生活に効果的に神の力をもたらす行為として、仲間の崇拝者と神との自己の組合をその目的として持 または、それは(神秘主義のように)神との組合を継続することを目的とした宗教的献身の行為の一部であってもよい、自然の存在の脱落、または”divinization”(神にな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。