感情的なサポート動物の手紙を取得することは、迅速かつ簡単です。ESAの手紙を取得するための私たちのプロセスは簡単です。

注文が行われ、摂取量の評価が完了すると、私たちはあなたの障害と補助動物のための障害関連の必要性を確認します近くのライセンス臨床医 臨床チームのメンバーは、動物支援療法を使用し、感情的なサポート動物が必要としている人にもたらす利点を理解しています。

治療上適切な場合は、セラピストが感情的なサポート推薦状を発行します。

私たちの手紙は提供しています:

  • あなたは精神的または感情的な障害のためのライセンスされた精神保健専門家のケアの下でケースバイケース
  • あなたがうつ病や同様の状態などの個々の障害によって大幅に制限され、あなたの精神的幸福に影響を与えることを確認します。
  • 感情的なサポート動物のための勧告。

補助動物のためのあなたの障害関連の必要性を確認するための情報事前修飾ツールをチェックしてください。

あなたの感情的なサポート動物の手紙を登録します。あなたの感情的なサポート動物を登録する法的要件はなく、通常は大きな赤い旗です。

米国の空の旅のための精神科の介助犬。感情的なサポート動物は禁止されています(Jan. 2021年、空位となった。 しかし、精神科の介助犬は、ペット料金なしで彼らの側で彼らの犬と一緒に飛ぶことができます。 精神サービス犬(PSD)は、精神障害によって引き起こされる症状を緩和することによって、精神疾患と診断された個人を支援するために特別に訓練された

精神科の介助犬は感情支援動物(ESA)とは異なり、米国運輸省(DOT)の新しい規則の下では、Psdは無料で飛行機に乗っています。あなたのPSDの勧告は、あなたの動物があなたの障害を支援するために仕事や仕事をするように訓練され、公共の場で適切に行動するように訓練され

自己訓練はオプションです。ADAは所有者が自分のPsdを自己訓練することを可能にするので、これがあなたの状況を説明する場合は、単にトレーナーセクションに自分の名前を入力す

精神科の介助犬についての詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。