Lablab purpureus(L.)甘い(インドの豆)は、インドの乾燥した半乾燥地域で栽培される重要なパルス作物である。 それは最も広く栽培されているマメ科植物の種の一つであり、複数の用途があります。 2010年の調査では、Lに新しい葉の斑点病を記録しました。 マイソール地区(カルナータカ州)およびその周辺のpurpureusは、40-80%の病気の発生率を130haの畑作で研究し、これは20-35%の推定収量の損失を占めた。 症状は上葉表面に小さな壊死斑として現れた。 葉斑は季節を通して軽度の感染下で持続し,葉面上のクラスターに分生子が産生された。 Dueteromyceteous真菌は、2%Naocl2溶液で表面滅菌した影響を受けた葉組織から単離された後、三回洗浄し、乾燥し、ジャガイモデキストロース寒天(PDA)培地に接種し、28±2℃で12時間の交互の明暗期間で7日間インキュベートした。 暗いクッション型スポロドキアが散在している空中菌糸体を有する真菌コロニーは、大きな等径、孤立性、muricate、茶色、球状から梨状の分生子(29.43から23.92μ m)を有す 真菌分離物をEpicoccumspと同定した。 ミクロ形態学的および文化的特徴に基づく(1)。 真菌のさらなる真正性は、ITS1/ITS4ユニバーサルプライマーを使用して内部転写スペーサー(ITS)領域のPCR増幅によって確認された。 増幅されたPCR産物を精製し、直接配列決定し、Blastn探索により、Epicoccum nigrum Linkに対する1 0 0%の相同性を明らかにした。 (DQ093668.1およびJX914480.1)。 E.nigrumの代表的配列をGenbankに寄託した(Accession No. KC568289.1)。 単離された真菌は、さらに温室条件下で30日齢の健康なL.purpureus植物にその病原性のためにテストされました。 分生子懸濁液(106分生子/ml)は、適切なコントロールと一緒に葉面スプレー(それぞれ15植物の三つの複製物)として適用されました。 植物を高湿度(80%)下で5日間、周囲温度(28±2℃)に保った。 葉の斑点症状の出現は、接種後25日後に観察された。 さらに,病原体を再単離し,微小形態学的特徴によって確認した。 E.nigrumは、オクラホマ州でメロンの収穫後の崩壊を引き起こすことが報告されている(2)。 また、内生菌(として報告されている3)。 Lablab beanの病原体としての発生はこれまでに報告されていない。 インドにおけるl.purpureusに対するe.nigrumの葉斑病の発生の最初の報告である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。